• トップ >
  • 講座一覧 >
  • 石田ミユキの「タイマッサージから学ぶセラピストのセルフケア」

石田ミユキの「タイマッサージから学ぶセラピストのセルフケア」

講座名 石田ミユキの「タイマッサージから学ぶセラピストのセルフケア」
講 師 石田 ミユキ
講義回数 全2回
講義時間
  • Part1:25分42秒
  • Part2:41分38秒
オススメの関連講座はこちら
※会員の方はページ右上の「会員入口」をクリックしてご利用ください。
本科コースお申込み 本科お試しコースお申込み 専科コースお申込み 単科コースお申込み

ひとりで行うタイマッサージ
「ルーシーダットン」で首と腰の疲れが変わる

 前屈みで施術を行うことが多いセラピストは、どうしても首に負担をかけてしまうことが多くなります。首に負担をかからないようにするにはどうすればいいか。どんなケアが有効か…。
 タイマッサージには自分も相手も健康になるとても有用なメソッドがあります。タイマッサージの理論と、施術前後に行えるセルフケア「ルーシーダットン」を石田ミユキさんがご紹介。神経が張り巡らされている大切な首をケアしましょう。

 Part1ではタイマッサージの基礎を学びます。実技を交えて施術者が身体を痛めないメカニズムに迫ります。 Part2では施術前後に行えるセルフケア「ルーシーダットン」を実演。今回は首と腰のケアに重点をおいています。

石田 ミユキプロフィール
講師紹介:石田 ミユキ
タイ流セルフケアの隠れ家サロンOM NAMO(オナモ)代表。セルフケアコーディネーター。一般社団法人「臨床タイ医学研究会」設立。ITM渋谷ヌアライフスクール(タイ政府公認)を主宰し、人材育成にも力を入れている。布ナプキンやハーブパットの商品と共に子宮のセルフケア講座も展開する。著書に「歩けるからだになるために」(BABジャパン)などがある。
http://www.om-namo.jp/

講義内容

Part1 タイマッサージの基礎知識(25分42秒)

・タイ流セルフケアとは?(1:12〜)
・タイ医学(1:56〜)
・タイマッサージ講義(4:55〜)
・圧を入れる動作(9:44〜)
・圧を入れる動作(9:44〜)
・圧を入れる動作 施術ベッドを使う場合(13:54〜)
・引く動作(19:50〜)
・引く動作 施術ベッドを使う場合(21:26〜)
・まわす動作(22:31〜)
・まわす動作 施術ベッドを使う場合(24:22〜)



Part2 ルーシーダットンでセルフケア(41分38秒)

・首が疲れるメカニズム(00:01〜)
・ルーシーダットン1 施術前のセルフケア(4:58〜)
・1.足のゆび、足首、股関節(5:30〜)
・2.背中をゆるめる(13:04:〜)
・3.姿勢を整え、お腹の力を使う(18:22〜)
・4.体重移動のムーブメント(21:47〜)
・ルーシーダットン2 施術後のセルフケア(25:58〜)
・1.肩回し(26:24〜)
・2.あご、首、肩、腕(28:21〜)
・3.耳(33:28〜)
・4.ハーブボール(37:17〜)



授業風景

授業風景

授業風景


セラピーネットカレッジ講座一覧

各カテゴリーをクリックすると、該当講座(番組)がご覧いただけます。

  • 自分にぴったりの講座を探す

セラピーネットカレッジに関するご質問はこちらから

セラピーネットカレッジ事務局  |  TEL:03-3469-0135(平日 9:30 ~ 18:30) FAX:03-3469-0162(24時間受付)tncc@therapynetcollege.com